中古車査定 オプション

車の買取査定をするときにオプションをどう扱うかで金額が変わります

車を買取してもらう際に出す査定の場合、「装備品」や「オプション」なども査定の対象になります。
例えば、車の本体はほとんど無傷なのに「エアコンの調子が悪い」ような場合があるでしょう。
これは、マイナス査定となってしまいます。
ですから、査定前に修理に出しておくことが欠かせません。

 

 

装備品を修理する場合

 

装備品は、車の走行自体には全く関係がありません。
修理を行ったとしても、それが「修理歴」として、大きなマイナスポイントになることはないでしょう。
装備品の修理に、多くの出費が必要となる場合もあります。
つまり、あえて故障したままで査定に出すという方法もあるのです。

 

たとえば、エアコンを修理することで査定が1万円アップするとします。
しかし、エアコンの修理に2万円かかってしまうなら「1万円のマイナス」となってしまいます。
要するに、装備品の修理の費用と査定アップの幅とのバランスを考えることが必要なのです。

 

 

査定のプラスマイナスを考える

 

また、車を購入した際の「オプション」も、車の査定の対象です。
カーナビをオプションとして装着している場合は、装着したまま査定に出すと有利になるでしょう。
反対にオプションを取り外すことで、どれだけ査定にマイナスか、を確認しておきます。

 

たとえば、4万円のカーナビを取り外しても、2万円のマイナスにしかならないとします。
この場合、取り外した方が単純計算して2万円の得となります。
可能であれば取り外して、新しく購入した車に装着するのが良いでしょう。

 

このように、装備品やオプションによって、思わぬ査定アップやマイナスになる場合があります。
修理しておくべきか、そのまま査定に出すべきかを検討します。
さらに、オプションの有無による買取金額の変化はどうなりますか?
これらの点を総合的に配慮して、最終的な判断を行いましょう。