中古車査定 個人情報

車の一括査定サイトで個人情報入力を求められた際に覚えておきたいこと

乗らなくなった愛車を買い取ってもらう前に、車の一括査定サイトを利用することが便利です。
必要な項目を入力するだけで、おおよその買取査定額を知ることができます。
忙しくて時間のない方にはピッタリのサービスでしょう。

 

 

個人情報を守るために

 

しかし一括査定サイトを検索すると、ほとんどの場合、個人情報の入力を求められます。
個人情報とは(名前・住所・電話番号・メールアドレス・その他)です。
これらの情報が流出してしまうと、何かとトラブルに見舞われてしまうでしょう。
なるべくなら、情報のセキュリティーがしっかりした一括査定サイトを選ぶことが欠かせません。

 

場合によっては、個人情報をまったく知らせずに一括査定をお願いしたい方も少なくないでしょう。
いくつかの一括査定サイトでは、個人情報を入力する必要が無い場合があります。
ですがその場合、算出される査定額はかなり大雑把なものになってしまうのです。
細かい情報が無ければ、詳しく査定することが難しくなってしまいます。
特に、車種と年式だけでは大体の査定額しかわかりません。

 

確かに、個人情報の流出によって受けるかもしれない被害のダメージは未知数です。
しかし、個人情報を明かさないことによって、相手に与える信頼も左右されてしまいます。
ですから、最低限の個人情報の入力は、覚悟しておくべきでしょう。

 

 

個人情報を開示しないことのデメリット

 

実際に個人情報を入力した方が、査定の結果が良かったというユーザーの意見もあります。
車の査定に限らず、交渉は相手との信頼関係が大きなウエイトを占めます。
そこで、考えてみてください。
全く素性の知らない相手と、安くない車の査定金額の交渉をすることが可能でしょうか。

 

もちろん自己防衛のために、個人情報の入力を避けるという選択肢もあります。
その場合、予想よりも査定額は高くならないであろうことは覚えておきましょう。
一括査定サイトでは、査定の大体の相場を確認するための手段と割り切ることも大事です。

 

当然ですが、便利さの反面、個人情報の取り扱いは慎重にすることが大事になります。
最終的には自己責任で、判断を行いましょう。