中古車査定 カラー

ボディカラーで変わる車の査定価格の違いとは?

車査定の根拠は、オークション相場にあります。
オークションにおける人気のボディカラー、無難なボディカラーは根強いものがありますね。
ボディカラーは、中古車を評価する重要なポイントと言えます。
同じ車種でも人気の色と不人気の色では、価値評価が大きく違って来るのです。
今日は、この中古車買取市場におけるボディカラーについて検証して行きましょう。

 

 

中古車市場で人気のボディカラーは?

 

買取市場で無難な色と言えば、ホワイトとブラックであり高い需要があります。

 

普遍的な人気カラー

  • シルバー
  • グレー
  • ブラウン

 

意外な人気?原色たち

  • レッド
  • ブルー
  • グリーン
  • イエロー

色の三原色は、絶対のようです。
ソリッドカラーは平均して人気が高いようです。

 

 

シルバーが標準的な評価の目安?

 

各車種によって、イメージカラーや定番色があるのはご存知でしょう。
断定したことは言えませんが、白・黒の次にシルバーが標準的な価格の目安になっています。
特に、この目安は、国産ファミリータイプの車種に該当しているようです。
無難な色は中古車市場で売りやすいため、逆に目立つ色は売りにくいという理由があります。

 

 

どれくらい価格の差が出るのか?

 

例えば、200万円ほどの価格の車であれば10万円ほどです。
車種によっては、20万円以上違うケースがあります。
500万円を超える高級車ともなると、更にこの差は広がります。
30〜50万円も違って来ることもあるのです。

 

査定や売却でも、カラーは重要なポイントです。
このように見て来ると、色での査定価格の差はかなり大きいものがありますね。
売却の時のことを考えると、新車で購入する時はやはり人気色を選びたくなります。
中古であれば、自分の好きな色の購入が良いでしょうね。
購入時も、売却時も車のカラーがポイントになるのです。