中古車査定 洗車

洗車は当たり前!車を査定に出す前に!

車を査定に出す前に、洗車すべきか迷っている人もいるはずです。
洗車をすると、逆にキズが目立つのではと考えている人もいます。
そんな人に、耳寄りな情報をご紹介します。

 

 

洗車はした方がいい

 

車を売る前には、必ず洗車して見栄えをよくすることが重要です。
ボディの洗車以外に、車内に掃除機もかけます。
また、内側の窓ガラスの汚れや油分を綺麗に拭くのがいいです。
塵がたまりやすい、シフト回り、マットをきれいにして査定に出すのは最低限のマナーです。

 

査定前に洗車すると、小さなキズが目立つか心配している人もいます。
確かに洗車すれば、小さなキズは目立ちます。
しかし、査定員の人もプロなので、小さなキズなどは見抜かれます。
また、洗車しなければ車を大切に扱っていなかったと判断され、マイナス査定になることもあります。

 

 

車内のニオイを消す

 

ニオイは、普段は自分で気付かないものです。
しかし、他人にはニオイが敏感に感じられ、耐えられないことも多いです。
車内は密閉された空間なので、タバコのニオイ、ペットのニオイ、芳香剤のニオイなどがあります。
ちょっとしたニオイも敏感になりますし、ニオイがきつい場合は当然マイナス査定になります。

 

今では、カー用品店でさまざまな車内専用の消臭グッズが販売されています。
この消臭グッズを利用して、少しでも車内がリフレッシュしてから、査定しましょう。

 

 

日頃からのメンテナンス

 

どんなに査定前にきれいに洗車しても、査定員が見れば大切に乗っていたかはすぐ分かります。
そのため、日頃からのメンテナンスが車を高く売る基本となるのです。
定期的な洗車、カバーをかけるなどをして大切にメンテナンスをすれば、車を売る時にプラスになります。

 

 

このように、車を査定に出す前に洗車するのは当然のことです。
日頃からきちんと洗車して、車内も掃除し、ニオイに気をつけることです。
少しでも高額で買い取られるように努めていきましょう。